『やりたいことは、今すぐにやれ』

Saturday, November 21, 2015

いい本は、人生をゆたかにしてくれる!

集英社さんの柴田錬三郎賞など出版四賞の授賞式に伺った。

たいへん興味をもったのは、開高健ノンフィクション賞の『五色の虹―満州建国大学卒業生たちの戦後』。
http://www.amazon.co.jp/372/dp/4087815978
(12月15日発刊予定)

日中戦争の最中、満州につくられた「満州建国大学」という最高学府があっという
中国、朝鮮、モンゴル、ロシア、そして日本。5つの民族の優秀な青年たちが集まって高度な教育が行われ、宿舎では、民族を超えて深夜まで議論を戦わせた。

作者、三浦秀之さんの、記者魂がすごい。日本各地や大連、長春、ウランバートル、ソウル、台北……とスーパーエリートたちの軌跡をたどる。世界にちらばった青年たちのその後には壮絶な人生があり……。

三浦さんは、現在、南アフリカに記者として赴任中で来られなかったが、「満州建国大学」の卒業生7人が壇上に上がり、会場は感動に包まれた。

満州建国大学一期生男性(95歳)の「これまで生きてきて、いちばん大切だと思うのは、やはりコミュニケーションです」という言葉に、深く納得。
ぶつかることをおそれては、ともに生きられない……というような言葉にも。

柴田錬三郎賞の中島京子さん『かたづの!』は、 けっして「戦」をせずに家臣や領地の人びと(相手も)を守り抜いた、江戸時代唯一の女大名の一代記 。直木賞の『小さいおうち』など大きな世界観をもつ作家さんだと思っていたが、今回は、初めての歴史小説なのだとか。

『かたづの!』
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%A5%E3%81%AE-%E4%B8%AD%E5%B3%B6-%E4%BA%AC%E5%AD%90/dp/4087715701/ref=asap_bc?ie=UTF8

すばる文学賞の黒名ひろみさん『温泉妖精』は難しい言葉もまわりくどくもないのに、読み応えのある作品で、昨夜、止まらなくなって一気に読んだ。主人公や登場人物が、まったく魅力的なところがなくて、サイテーな人たちなのに、だんだん好きになっていくのが不思議。

あぁ、じっくり読みたい本がたくさん。
秋の夜長は楽しくてたまらない。