『やりたいことは、今すぐにやれ』

Monday, August 24, 2015

イスラエルの旅8~世界遺産マサダでのオペラ


イスラエルの砂漠のど真ん中で、オペラ「トスカ」を観てきた。
年に1回、開かれるこのイベントは、今年で5回目だそうだ。

ほんとうになにもない砂漠のなかの野外劇場に7000人もの大人たちがやってくる。
開演は9時半。夜空に瞬く星と、夜風と、砂漠と、オペラと・・・・・・まるで別世界に迷い込んだよう。

開演までは、ワインやコーヒーを飲みながらおしゃべり。
素敵な大人たちは、みんなおしゃれをしていて、これから始まるオペラに気分が高まっているように見える。

イスラエル・オペラの歴史はおもしろい。かつてロシアやオーストリア、イタリアなどでオペラをやっていた人びとがイスラエル建国で戻り、さまざまな国のエッセンスが凝縮された。
主役級の歌手が多かったため、有能な歌手でも、脇役をやっていたとか。

劇場に入ってびっくり。
大自然の要塞、マサダが舞台の後ろにどーんとそびえ、ライトアップされている。
まるで立体的な大道具みたいに馴染んでいる。
オペラが始まると、レーザービームが放たれる……。

大自然と、世界遺産マサダ、そしてオペラ。
オーケストラの指揮者、ダニエル・オーレン氏が記者会見でこんなことを言っていた。

「音楽も、人間も、人生もつねに変化している。そんな進化を遂げたオペラの姿を見てほしい」

「トスカ」は、ほんとうにすばらしかった。
歌姫トスカ役のスヴェトラ・ヴァシレヴァもよかったけれど、トスカの恋人役カヴァラドッシを演じたイタリアのテノール歌手、ファビオ・サルトーリの表現力は圧巻。

大柄の体型から響く、伸びのある声は、まさに芸術だ。
カヴァラドッシの表情がくるくる変わって、つい引き込まれてしまう(ステージの両側にあるスクリーンのカメラワークがすばらしく、まるでテレビドラマを観ているようだった)。
舞台が終わると、だれもが感動して拍手、拍手……。
初オペラだったが、こんなに感動するとは思わなかった。

だれもが驚くけれど、安全で日本からも行きやすいイスラエル。
イスラエルを知ることは、世界を知ること……イスラエルを旅してそう思う。
来年はたくさんの日本の人にも観てほしい。

Monday, August 3, 2015

イスラエルの旅7~ケネヴ砂漠の端っこのほう


じりじりと痛いような陽が照りつけるなか、死海から車で1時間弱のところにある、ケネヴ砂漠の端っこに行ってみた。

砂漠といっても、不思議な奇岩があちこちにある荒野。
風と雨と竜巻と陽射しと……自然が何千年もかけて創り出した芸術だ。

あまりにも壮大すぎて、声にならず……。
自然に手を合わせたくなってくる。
夏は暑くて雨が降らず、たいへん厳しい気候だが、冬には雨が大量に降り、一夜にして緑に覆われることもあるとか。
気候が劇的に変わるのも、奇跡の地形を生み出す所以。
手つかずの自然を堪能できるのもイスラエルの魅力だ。

砂漠の遊牧民族、ベドウィン族がラクダを飼っている場所にも行く。
このヒトコブラクダは、背中のなかに栄養を蓄えて、何日も水を飲まずに旅ができる。

ちなみに、これらのラクダはすべて女性。
男性のラクダはあまりにも気性が荒くて、飼い馴らすことが困難とのこと。

このあたりは、あまりにも暑さが厳しくて、ベドウィン族もあまり暮らしていない。

ラクダに乗せてもらうと、おどろくほど快適。
たしかに、これだと何日も移動できそう。

♪月の砂漠を~、遥々と~♪

思わず、そんな歌が出てきた。
たしかに、夜じゃないと暑くて移動が厳しいような……。

イスラエルの人びとは、砂漠の土地開発、自然エネルギーの利用など、自然と仲良くすることにも長けている。
砂漠を緑にできるのは、自分たちしかいない!という信念もあるとか。

つぎは、砂漠のなかで開かれたオペラについて書きます。