『やりたいことは、今すぐにやれ』

Saturday, January 31, 2015

出逢うための街、「東京」。

★最近、毎日のように人と会っている。
数日前~当日になってパタパタと決まる。

「久しぶりだね」と言って会う人。
「はじめまして」と言って会う人。

先日は友人が手提げ袋いっぱいに食材をもってきて、料理してくれた。感動。

東京という街は、いろいろな人に出逢える街。
チャンスや情報や学びが転がっている。
〝旅びと感覚〟で暮らすと、ほんとうに刺激的。

★新刊『感情に振りまわされない―働く女のルール』が、発売後、たちまち増刷になった。ありがたい……。

書店さんをいくつかのぞいたら、どこも、目立つ場所に展開してくださっていた。

店長さんにお礼を伝えたところ、
「いけると思ったので……」
とのこと。
この現場感覚って、すごいなと思う。

私も、東京の書店をあちこち回ろう。
そして、お礼も伝えよう。
(いつも忙しいときに、書店員さんに相手していだだき、申し訳ないことです)

でも、私自身、本のオタクだったのかもと、いまさらながら思う。
本が好きで好きでたまらない……
そう、うんと昔から。

★もうひとつ、新刊についてのエピソード。
今回のカバー(女の子がよっこいしょと家を担いでいる写真)、結構、気に入っている。

「女の細腕でも、家計を支えていけるよ~」
というメッセージもある。

が、ほんとうは、別のカバーでほぼ決まっていた。やり直している時間もなかったはず。

カバーというのは、編集者さんの領域なので、私があれこれいうことではないと思っている。編集者さんを信頼してお任せしているし……。
でも、悩んだ末、思い切って正直に伝えてみた。
「これではないような気がする……」と。

カバーに意見したのは初めてのことだったし(たぶん……)、編集者さんもちょっと困っている様子。でも、少しは同じことを感じていたのか、「変更できるかどうかわかりませんが、もう少し考えてみましょうね」と、デザイナーさんに掛け合ってくれた。深夜遅く。

そして、数時間後の明け方。
いまのデザインが! しかも、これだけではなく何パターンものデザインが送られてきた。

デザイナーさん、編集者さんの誇りと意地を感じて、涙。
「この本には、このカバーしかなかった」というデザインになったと思っている。
すばらしき仕事人たちと、いっしょに仕事ができていることに感謝。

【写真・上】上から見た渋谷駅前あたり
【写真・左】友人が作ってくれた晩御飯
【写真・右】上から、ブックファースト二子玉川店さん(目立つ展開!)、紀伊國屋新宿本店さんの2階のビジネス書コーナー(私の本が棚に8冊!)、ブックファーストルミネ新宿さん(この注文数にもプライドを感じます……)

Sunday, January 25, 2015

ブック記者会見や、その他あれこれのつぶやき。


12月からラジオ出演が5回ほど続いている。
これだけやっているのに、ちっとも慣れない。
いつまでも、噛んだり、詰まったり。
でも、やればやるほど、「つぎこそは」と思ってしまう。

昨日24日(土)は、読者の方や著者さん、ブロガーさんなども呼んで、公開生放送&ランチ交流会をしようという新しい試み「ブック記者会見」があった。
これまでSNSやメールでのお付き合いだった方とも、実際に会えて感動。
新しい出逢いもあった。
うん。動いてこそ。

企画してくださった、西澤ロイさん、沖本るり子さん、プロデューサーの浜田さん、相沢さん、カメラマンの島村さん、そして、来てくださった皆様に感謝。

私の本を読んでくださった方の話を聞き、あとで一人になってから、うるうる……。あぁ、役に立ってよかったと。

ここ2週間ほどは、いろいろな方との再会が続いている。
東京に引っ越してから、急に人との交流が活発になったよう。
人との出逢いで、人生が切り開かれていくんだと、つくづく思う。

ただ、人と会うために、予定をあれこれ入れるのが、最近、苦手になっている。
できるだけ、近くなってから、「会わない?」となるほうがいい。お互い断りやすいし、タイミングが合って会えれば、すごくうれしいし……。
(昔は、予定をいっぱいにしても、いや、予定をいっぱいにするほうがむしろ、元気だったんだけど、年齢のせい? それとも台湾生活のせい?)

台湾にいたときは、ほとんど「いまから会わない?」「これからお茶しない?」だった。が、東京人は忙しそう。
「急に言うなんて、常識がない」となってしまうこともありそう。

でも、そろそろ、予定に自分を押し込めるのはやめて、〝気分〟で生きようと思う。
だから、あまり予定は入れない(大切な予定はよろこんで入れますので、ご心配なく)。

「予定にないんだけど」
「理由はないんだけど」
という行動をしてみてもいいじゃないの。

もちろん、締切という予定は死守するので、それ以外は〝気分〟を軸にして。

ということで、できるだけ「ごきげんよく」過ごそう。

ということで、予定にはなかったけど、これから温泉でも行ってこようかな。
(東京の温泉……おもしろいところがたくさんあり、なんだか楽しそう)

【写真・上・中】ブック記者会見の様子(沖本るり子さんの写真を加工させていただきました)
【写真・下】ブック記者会見に向かう朝。東京の空も美しい。星も見えるし……

Saturday, January 10, 2015

秋葉原で買い物。

★東京に引っ越して2週間。
空気が乾燥していて、肌がパリパリ、喉が痛いので加湿器と空気清浄器がいっしょになったものを買いに秋葉原に行く。

秋葉原は電化系ショップの世界最高峰ではないかと思う。
店員さんもしかり。感動するほどマニアックな知識、ていねいな応対に、秋葉原の誇りを感じた。
店員さんの加湿器における情熱がすごいので、話を聴く側も背筋が伸びて、たいへんエネルギーを使った。
でも、すばらしいお仕事を見せてもらいました。
また行きたい……。

★加湿器を見たあと、ふと目に留まったのが浄水器。
そういえば、水道の水があまりおいしくない。
ウォーターサーバーにしようか、浄水器にしようか悩んだ挙句、結局、浄水器に決定(ウォーターサーバーは契約期間が1~2年のため。そんな先のことなんてわからないぞ)。
家に帰って早速、使ってみたら、確かに水の味がおいしくなった!
数千円のものだけれど、効果あり。

空気と水なんて、日本ではタダで出に入るとものと思っていたけれど、心地いいものを得るためには、お金がかかるのですね。
ま、これも東京という街なんでしょうか。

【写真】ぶらっと散歩していたら、いきなり東京タワーが出現。
突然、おどろきの風景が広がるのも東京かも。

Wednesday, January 7, 2015

1月24日(土)ブック記者会見を開きます。あなたも参加できます!

レインボータウンFM(江東区木場スタジオ)で月1回放送中のラジオコーナー「ブック記者会見」が開かれます。
『リーダーは話を1分以内にまとめなさい』(中経出版)の沖本るり子さんと、『頑張らない英語学習法』(あさ出版)の西澤ロイさんが記者役です。


第1回目(1/24)ゲストは有川真由美。

新刊『好かれる女性リーダーになるための五十条』について話します。

詳しい内容はこちらをご覧ください。↓

<時間>
(1)「ブック記者会見」スタジオ前観覧
1月24日(土)10:30頃から約20分間

インターネットで世界中どこからでも聴けるようですよ。
詳しくはこちらを↓
http://ameblo.jp/bkkshkk/

(2)有川真由美を囲んでの特別ランチ交流会
11:30~13:30

※読者はもちろん、メディア関係者、書評ブロガー、
 その他出版関係者、経営者、読書会の主催者、本好きの著者
 などが参加予定です。

<場所>
レインボータウンFM木場スタジオ(深川ギャザリア内)

<アクセス>
東京メトロ東西線「木場」駅下車
4B出口より徒歩3分

<スタジオ地図>
http://ameblo.jp/bkkshkk/entry-11956580700.html#studio 

<ランチ会会場>
本格派イタリアン パリアッチョ 深川ギャザリア店(仮)

<特別ランチ交流会参加費>
5,000円(税込)
(新刊『好かれる女性リーダーになるための五十条』をプレゼント)

お申込みはこちら
↓↓↓↓↓
http://goo.gl/forms/CPIMMhNZwC

お一人お一人とお話できるかと思います。
よろしかったら、会いに来てくださいね。

Tuesday, January 6, 2015

年末年始ぶらぶら。


★年末。東京に引越してきたので、まずは徳川さまにご挨拶……と、徳川家の菩提寺である増上寺へ。
なんて、いちばん近かったお寺なので除夜の鐘を聴きに。
東京タワーに「2015」の文字。

芝公園を挟んで隣り……というか芝公園の一角にある芝東照宮にも、通りかかったので行ってみた。
寺に行き、神社に行きって節操がないかしら・・・・…と思っていたら、芝東照宮は、明治初期の神仏分離で増上寺から分かれたもので、徳川家康公の還暦につくられた「寿像」が祀られているらしい。
お参りをしている一人ひとりに、神主さんがしゃんしゃんとお祓いをしてくれて、すでにご利益をもらったような気分。

★明けて2日は、生まれて初めて一般参賀に皇居に行く。
8万人の人出だったとか。
5人に1人は外国人では?と思うほど、海外からのお客様が多し。
ほかにもいろいろと感想はある。書き切れないけれど。
いつもテレビでは見ているが、実際に行ってみてわかることって多い。
今年は、たくさん「はじめてのこと」をしようと思うことだった。

★母に電話したら、「お正月は、ずーっとテレビ。ときどき散歩」とのこと。
お正月に帰省しなかったことを、少しばかり申し訳なく思う。

「お正月だから、髪をカットして白髪を染めに行こうと思うの。
 車の送迎付きで6000円のところがあって便利よ」

と母。
そういえば、幼いころ、両親にこう言われたことを思い出した。

「お正月を迎える前に、髪を切ってきれいにしなさい」

そうして、近所の美容院に行かされたんだっけ?
いや、母に庭先で切ってもらったのだった。
弟はバリカンで……。
新しい服も買ってもらって、ぴっかぴかにして家族で初詣に行った。
いまは、そういう習慣ってなくなったのかな。

しかし、送迎付きの美容室って、お年寄りにやさしい。
いつも母がお願いしているタクシーの運転手さんは、お墓の掃除や、買い物も付き合ってくれるらしい。

これからの社会、「お互いさま」とか「やさしさ」って言葉がキーワードになってくるんじゃないかと思っている。


↑なんだかミニチュアのような東京駅。左に一般参賀から帰る人の列。